問い合わせ
0120-421-147

鬼北町の不用品回収

鬼北町は、人口約1万人を有する、広見町と日吉村が合併してできた、愛媛県南予地方の町。四万十川の上流、広見川流域の中山間地帯に位置する。林業は衰退が進んでおり、農業は稲作が大半を占める。漁業は主に広見川で行われ、アユ・ウナギ・モクズガニ・ウグイ・アマゴ・コイなどが漁獲される。キジ、シイタケ、ユズなども名産。道の駅広見森の三角ぼうしには「鬼王丸像」、道の駅日吉夢産地には「柚鬼媛母子像」が対になっている。

☆鬼北町のごみ・不用品の出し方について
鬼北町では、燃えるごみ・燃えないごみ・ペットボトル、びん・缶は、町の指定袋に入れて出す必要があります。食用油や家電製品、古着などは、集会所や公民館で集められます。
粗大ごみは役場へ直接持ち込むか環境センターへの搬入もできますが、すべて有料になります。食用油や家電製品、古着などは、集会所や公民館で集められます。

鬼北町の実例

鬼北町の引っ越しの不用品回収

お客様の声
引っ越しで、家電製品や身の回りの物は業者さんに運搬をお願いしましたが、引っ越し先に持っていくには気が引けるような、スチールベッドやちゃぶ台、ついたてなどこまごました物は、軽トラパックでとりに来てもらいました。引っ越し前は、送別会や役場の手続き、荷造りで忙しいので、こういうサービスがあると本当に助かります。(鬼北町出身/40代女性)
スタッフより
この度は、お忙しい中、引っ越しの不用品回収で軽トラパックをご利用くださり、誠にありがとうございました。トリクル愛媛では、愛媛県全域、同一料金でやっていますので、鬼北町など南予の方にお伺いしても、追加料金なしで回収できます。ご都合のいい時間にお伺いしますので、引っ越しの日時とある程度の物量が分かりましたら、お早めにご相談ください。(30代男性スタッフ)

鬼北町のベッド・タンスなど大型家具の不用品回収

お客様の声
祖母が他界しましたので、お部屋の片付けをお願いしました。
衣類や本など家族でできる片付けはしましたが、大きなたんすやベッドは、業者さんにお願いしました。初めてだったので、ドキドキしながら電話しましたが、電話の対応が良く、当日の作業も気持ちよかったので、もっと早くお願いしたらよかったです。(鬼北町出身/30代男性)
スタッフより
トリクル愛媛では、20代後半~30代前半の若いスタッフが多いですが、私達はお客様に喜んで頂けることを第一に、言葉遣いや電話応対も親切丁寧を心掛けております。もちろん、お客様の大切なお荷物ですので、運搬や運び出しも丁寧に致します。どうぞリラックスしてご相談ください(^^)(30代男性スタッフ)

鬼北町の離れの不用品回収

お客様の声
母が捨てずに離れの方に押し込んでいた不用品を、取りに来てもらいました。
衣類が多く、タンスの中身は袋に入れて、衣装ケースや段ボールも多く、2トントラックが満タンになりました。田舎なので、捨てずにしまっておくスペースがあるので、しょうがないですが、物は使わなくなったら、しまうのではなくて捨てなければいけませんね。まだ、本がいっぱいの部屋もあるので、お願いしたいです。(鬼北町在住/60代女性)
スタッフより
この度は、離れの不用品回収、ありがとうございました。
衣類や本は、スペースがある限り、どんどん溜まっていきますが、ホコリや湿気も溜まるので、「また着ること」「また読み返すこと」がないなら処分したほうがおススメです。量が増えてしまうと、本などは重く腰にきますので、片付けが原因で寝込んでしまったり、お疲れが出ることも有ります。どんなものでも、大量にある場合は、プロにお任せください。(30代男性スタッフ)

鬼北町の対応エリア

鬼北町全域に対応しております。下記以外の地域でもお気軽にお問い合わせください。